日本サッカーがアジアサッカー界でのレベル

アジアサッカー通を自認される方も、こうした国でのサッカー事情をご存知でな方もいるかもしれない。実は、東南アジアのチャンピオンを決める東南アジア選手権、インドやパキスタン、モルディブなどが争う南アジア選手権などは、近年とても盛り上がりを見せている。

例えば2003年南アジア選手権バングラデシュ大会のバングラデシュ-インドの決勝は、4万6000人の観衆を集めているし、ホーム&アウェー方式で行われた2007年東南アジア選手権決勝のシンガポール-タイ戦では、シンガポールのホームで5万5000人、タイのホ—ムで3万5000人もの観衆を集めているのである。

またACLの大会そのものの仕組みも変わつた。これまではグループリーグでー=1立の国だけが決勝トーナメン卜に進めたが、これが2位まで進めるょうになつた。だけの通過と2位までの通過では、チームの負担はまつたく違ってくる。日本サッ力ーは、番狂わせの多い競技であり、例え強豪であつても格下に手痛ぃ敗北を喫した例は、枚挙にいとまがないJリーグを戦いながら、

一方でアジアサッカーの各国を飛び回り、かつ、I位だけが通過するリーグを戦うのでは、Jリーグクラブのチーム運営にとつても選手にとつても負担が大きすぎる。また2チーム通過である場合、序盤に連敗したチームにも、終盤まで通過のチャンスが残り、「消化試合」が減ることにもなる。

アジアサッカーのレベルの高いチが増え、本気で戦う試合も多くなる。競技レべルや商品としての魅力は確実に高まつた。同時に、金銭面の補賞を大幅に増やした。AFCによると、優勝チームのの賞金はこれまでの2.5倍となる150万ドルに増加し、賞金と補助金の総額では1400万ドルになることが明らかになつた。

日本サッカーがアウェーで試合を行う際の移動費も予選リーグのー試合平均で3万ドルの補助金が出るほか、予選リーグの試合において、勝利チームは4万ドル、引き分けでも両チーム2万ドルずつを手に入れる。またステージを突破するごとに賞金が加算されることも決まつた。

ここで日本代表サッカーユニフォーム通販サイトです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です