日本代表の天才サッカー選手である本田圭佑にとって、個の力とは何か。

日本代表サッカー選手にも世界に通用する「個の力」があり、それを本質的に組織に融合させる力をもつていることをご理解いただけたでしょうか。それを踏まえて、先ほど紹介した本田圭佑のコメントをもう一度、読み返してみてください。

「組織で戦えることは証明できたけど、問延びしたときに個の差がどうしても出る。組織も重要?そこは俺がいえる問題ではない。監督の指示の下、チームは組織をつくつて」る。そこは監督に任せている。俺らは個人戦術のところを考えるべき

おそらく彼は、日本代表が強化すべきポイントは「個の力」か「組織」かというニ択ではなく、チームとしてどちらの力も同じように伸ばす必要があるなかで、個人的にはとくに「個の力」を高めなければならないと考えている、といつているのではないでしようか。

ニ〇〇六年ワールドカップ•ドイツ大会、ジーコ監督率いる日本代表は、個の力を最大 限に引き出そうとするスタイルで挑み、しかし、組織としての完成度の低さを痛感するかた ちで敗れました。一方、ニ〇一〇年ワールドカッブ•南アフリカ大会、岡田武史監督率いる日本代表は、徹底した守備組織の構築によつて世界に挑み、べスト16進出を果たしました。 しかしその後、サッカー界には四年後に向けて「個の力」を発揮することを目標とする#囲気が生まれました。

振り返れば、ニ〇〇六年はある程度の組織力はあつたものの、どちらかといえば「個の力」で勝負しようとした時代。一方、ニ〇一〇年は「個の力」よりも「組織」で世界に挑も うとした時代といえるかもしれません日本のサツ力ーもそうした「個の時代」と「組織の 時代」を経験し、それを融合させるベく、いまがあるのです。
何度も繰り返すように、現代サツカーはこれまで組織化の一途をたどつてきました。

本田圭佑はその組織を壊すための武器として、個の能力を高めるべきであると語つています。ただ し、その言葉の真意は「組織よりも個」ではありません。世界と対等に渡り合ううえで、組織力の強化は当然。しかし同じように組織化された相手を上回るためには、試合の局面ごとの一対一の勝負に勝たなければなりません。
そのためには、それぞれがもっと個の能力を磨いていく必要がある。

つまり、結果として期待されるのは「個」を打ち破るための個の能力ではなく、「組織」を打ち破るためのそれなのです。個の力で勝負して敗れたニ〇〇六年。組織の力で勝負して不完全燃焼に終わったニ〇|〇 年。そうした歴史を日本代表は踏まえ、現代サッカーの最先端で世界と向き合うまでに成長したといえるのではないでしようか。

日本人の個の能力は、世界の強豪国の組織を打ち破ることができるか。僕は間違いなく 「できる」と思います。マンチェスター.ユナィテッドの香川真司も、ミランの本田圭佑も、インテルの長友佑都も、対戦するビッグクラブの組織を打ち破る個として期待され、世界トッブレベルのチームに引き抜かれました。そのことが、日本人選手の個の能力がすでに世界レベルにあることを証明していると思います。

おすすめサイト:

2018日本代表ユニフォーム通販店

アディダスサッカースパイク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です